増井千晶の気象情報局

増井千晶が、全国の気になる気象情報をお伝え致します。

三大都市圏 巨大台風 直撃したら…

taifuu

増井千晶です。
強い勢力の台風が日本列島に上陸するケースが相次いでいますね。
やめてほしい所ではありますが、自然が巻き起こす現象ですからどうすることもできないわけで・・・。

先月末に岩手県などを襲った台風10号は「非常に強い」台風に成長し、一時は首都圏への直撃も危惧されましたよね。巨大台風が直撃すれば首都圏はどうなってしまうのか?東京都江戸川区などは計約260万人の避難を想定するが、「途方もない課題」(多田正見同区長)というのが実態。

ますは近隣との連携必要だ!
東京の江東5区(江戸川、江東、墨田、葛飾、足立)では大規模な避難に備え、8月24日に対応方針をまとめたばかりで、連携して対応する初のケースとなった。

想定では、戦後最大の被害をもたらした伊勢湾台風級の接近で河川の氾濫と高潮が同時発生し、全域が浸水。水害発生の3日前には共同で検討を始め、1日前には「広域避難勧告」の発表を目指す。

だが、江東5区の浸水域の人口は計約260万人。高橋課長は「判断に信用性がないといけない。河川を管理する国や都、避難先の近隣自治体なども連携が必要で、5区だけで見解を示すのは難しい」と明かす。

あと、誰が判断するのかということですね。

災害対策基本法では避難勧告や避難指示は市区町村が出す。しかし広域になると単一自治体での避難先確保は難しく、高度な知見や経験の浅い市区町村の決断は困難だもんな。

仮に決断を下せたとしても避難ルートや手段の問題が立ちはだかるし。数百万人単位が一斉に移動すれば道路は渋滞し、鉄道は混乱しますよ。

もっと深刻なのは避難しなかった人の支援だよね。避難が遅れた場合 は2階以上に移動する「垂直避難」が求められるが、高い建物がない地域は難しい。その上、排水しにくい地域では孤立状態が2週間続く恐れもある。

忘れちゃいけないのが「ゼロメートル」の存在だ!

三大都市圏では満潮位より低い「ゼロメートル地帯」が存在し、東京湾176万人▽伊勢湾(名古屋)90万人▽大阪湾138万人-が暮らす。

伊勢湾では平成18年から約50の関係機関による協議会を設置。垂直避難を組み合わせた避難方法が検討されたが、担当者が次々代わるため議論の定着に時間がかかっている。まとめ役の辻本哲郎名古屋大名誉教授(河川工学)は「段取りを認識できたのはいいが、ガイドラインがないと動けない機関が多い。国の リーダーシップにかかる期待は大きい」とする。

とにかく、一刻も早く連携を強化していかないことには被害が大きくなるだけ。
お願いしますよ!

増井千晶でした。

台風16号 和歌山県田辺市付近 再上陸

dafdfa

気象予報士見習いの増井千晶です。
さて、台風16号は、20日の午後1時半頃、和歌山県田辺市付近に上陸したとみられます。
勢力はやや衰えたものの、依然として最大風速25メートル以上の暴風域を伴っているため、西日本から東日本太平洋側は暴風や高波に警戒が必要ですね。
 
台風16号は、この後も東寄りに進み、今夜遅くには関東の南へ達する見通し。西日本太平洋側は午前中、1時間100ミリを超す猛烈な雨が降ったところがあり、この時間は近畿や東海の一部に発達した雨雲がかかっているようね。

今夜にかけては、関東甲信でも局地的に非常に激しい雨が降るため、土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要となりそうです。

くれぐれも外出は控え、家で大人しくしていましょう!増井千晶でした。




台風16号は連休明けに本州接近のおそれ 連休中は秋雨前線の大雨に警戒


yjhyh

台風16号は、非常に強い勢力で、あす17日に沖縄の先島諸島へ接近する見通しです。九州~本州への接近は当初の予報より遅くなりましたが、連休中も秋雨前線によって大雨の降るおそれがあります。

接近時期のカギをにぎる「カーブ」

台風16号の影響で、石垣島など先島諸島は、あすにかけて暴風や高波など大荒れとなります。

台風はその後、東シナ海でカーブします。まだ予報に幅があるものの、連休明けの20日(火)に九州付近へ進み、21日(水)頃に関東など東日本に近づくおそれもあります。 

台風は、カーブする際に速度が落ち、時間がかかるものですが、今回の16号は当初の予報よりカーブが大回りになったことで、本州付近への接近が遅れることになりました。

運動会でトラックを走る際に、大回りになるほど時間がかかり、もたつくのと似ているかもしれません。

今後、さらに大回りでカーブするようなことがあれば、台風は北上のタイミングが遅れたり、大陸の近くで弱まったりする可能性もあります。

台風接近が遅れることで長引く秋雨

現在、本州付近には、秋雨前線が停滞しています。

秋雨前線付近は、水蒸気の通り道となっていて、次々と発生する雨雲が西から東へ流れます。

秋雨前線が水蒸気の川なら、台風は上流のダムのようなものです。台風16号が東シナ海でもたつくと、そのぶん、雨雲のもととなる水蒸気を、秋雨前線に流し込み続ける時間が長引くことになります。


この連休中も、九州~東北南部は秋雨前線で曇りや雨のところが多く、局地的に大雨のおそれがあります。

大雨の場所のしぼり込みは難しいものがありますが、大雨のリスクがあると知ったうえで、行き先の詳細な予報を調べ、いざ大雨が近づいた際に回避できる備えをしておいていただきたい連休です。





ギャラリー
  • 前線が延びてくるため、天気は西から下り坂
  • ほぼ全国的に風が強まり、夜は北海道を中心に北ほど荒れてくるので警戒して下さい
  • 全国の天気
  • 今週は天気安定せず、気温差大
  • 秋晴れですね
  • 急激な気温の変化
  • 台風19号「アイレー」
  • 台風18号 沖縄本島に接近 暴風域に
  • 27日は全国3分の1で真夏日だった
カテゴリー
  • ライブドアブログ