増井千晶の気象情報局

増井千晶が、全国の気になる気象情報をお伝え致します。

台風13号、九州の南を東へ 近畿から関東中心に大雨に警戒

310261-STD

台風13号は、鹿児島・種子島の南の海上にあり、現在、九州の南を東へ進んでいる。

7日午後は、進路を北寄りに変えて、8日の朝までに、東海地方の沖合で温帯低気圧に変わる見込みだが、秋雨前線の活動が活発になるため、近畿から関東を中心に、大雨に警戒が必要となる。

6日午前9時に、沖縄・宮古島の北で発生した台風13号は、7日午前9時には、鹿児島・種子島の南のおよそ100km付近にあって、1時間に30kmの速さで、東北東へ進んでいる。

この台風の影響で、沖縄・南城市では、午前3時42分までの1時間に、44mmの激しい雨が降った。

台風は、このあと、進路を北寄りに変えて、やや発達しながら四国や本州に近づく見込み。

台風は、8日朝までには、東海地方の沖合で温帯低気圧に変わる見込みだが、湿った空気を運んでくるため、8日にかけては、近畿から関東を中心に、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがある。

土砂災害や低い土地の浸水、暴風、高波に警戒が必要となる。

台風13号

310261-WID

6日午前9時、沖縄の宮古島の北で台風13号が発生しました。

台風が近づく沖縄本島や奄美地方は非常に激しい雨が降り、海は大しけとなる見込み。

台風はそ の後、8日(木)にかけて東日本太平洋側へ近づく可能性があり、全国的に大雨となるおそれがあります。

今後の台風情報にご注意ください。

台風概況

2016年9月6日16時30分発表 台風第13号は、6日15時には那覇市の北西約130kmにあって、北東へ毎時25kmで進んでいます。

中心気圧は 1000hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。

この台風は、7日15時には室戸岬の南約230kmに達し、8日15時には館山市付近に達する見込みです。

その後、温帯低気圧に変わり、9日15時には日本の東に達するでしょう。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけとなるため注意が必要です。
ギャラリー
  • 前線が延びてくるため、天気は西から下り坂
  • ほぼ全国的に風が強まり、夜は北海道を中心に北ほど荒れてくるので警戒して下さい
  • 全国の天気
  • 今週は天気安定せず、気温差大
  • 秋晴れですね
  • 急激な気温の変化
  • 台風19号「アイレー」
  • 台風18号 沖縄本島に接近 暴風域に
  • 27日は全国3分の1で真夏日だった
カテゴリー
  • ライブドアブログ