310261-STD

台風13号は、鹿児島・種子島の南の海上にあり、現在、九州の南を東へ進んでいる。

7日午後は、進路を北寄りに変えて、8日の朝までに、東海地方の沖合で温帯低気圧に変わる見込みだが、秋雨前線の活動が活発になるため、近畿から関東を中心に、大雨に警戒が必要となる。

6日午前9時に、沖縄・宮古島の北で発生した台風13号は、7日午前9時には、鹿児島・種子島の南のおよそ100km付近にあって、1時間に30kmの速さで、東北東へ進んでいる。

この台風の影響で、沖縄・南城市では、午前3時42分までの1時間に、44mmの激しい雨が降った。

台風は、このあと、進路を北寄りに変えて、やや発達しながら四国や本州に近づく見込み。

台風は、8日朝までには、東海地方の沖合で温帯低気圧に変わる見込みだが、湿った空気を運んでくるため、8日にかけては、近畿から関東を中心に、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがある。

土砂災害や低い土地の浸水、暴風、高波に警戒が必要となる。